ペットフレンドリーオーナーになろうあなたは、ご自身のワンちゃんやニャンちゃんのことを、どのくらい知っていますか?ペットのことをよく知ることは、非常に大切なことです。飼い主さんとのコミュニケーションが良好になったり、健康で長生きすることに役立ったりします。
この子はいま、どんな気持ち?言葉で伝えることができない動物たちは、しぐさや表情、スキンシップなどさまざまな手段で感情を表現します。きちんと理解できているか、さっそくチェックしてみましょう! 回答をチェックする 回答をチェックする
飼い主さんがペットの気持ちや体のことを勉強することは、法律でも飼い主の責任として定められているほど大切なことなのです。かけがえのない家族の一員であるワンちゃんやニャンちゃんのことを勉強するというのは、本当の意味での「飼い主さんの愛情」なのかもしれませんね。ットのことを勉強できる通信教育はたくさんあります。その中でも、受講者数ナンバーワンの実績を誇る公益社団法人日本愛玩動物協会(内閣府認定)では、ペットについて幅広く学べる「愛玩動物飼養管理士」の通信教育と、クイズ感覚で犬や猫について学べる「ペットオーナー検定」を実施しています。株式会社イオンペットでも、ペットのプロを育てるために、社員に対して愛玩動物飼養管理士の受講を積極的に推奨しています。 愛玩動物飼養管理士 ペットオーナー検定   犬 猫
愛玩動物飼養管理士とは ペット(愛玩動物)の習性や正しい飼い方、動物関係法令(動物愛護管理法、ペットフード安全法等)、動物愛護の精神などを、多くの人に広めるペットのスペシャリストのことです。ペット関連の民間資格の中で36年の長い歴史をもち、圧倒的な受験者数を誇る「愛玩動物飼養管理士」。ペットの飼い主さんのほかにも、学生、主婦、トリマーや動物看護師、ペットショップ店員、獣医師、アナウンサー、行政機関職員など、さまざまな方に受講いただいています。「動物取扱責任者」となることができる資格要件として、環境省や自治体から認められています。最近では、ペット業界だけでなく不動産業・観光業からも注目されています。愛玩動物飼養管理士には1級と2級があり、動物愛護論、人と動物の関係学、動物関係法令、動物の飼養管理、栄養学、しつけ、疾病予防、公衆衛生まで、幅広い分野にわたって勉強します。 資料請求、愛玩動物飼養管理士の詳細はこちらから
ペットオーナー検定とは ペットを迎えるうえで正しい知識を付けることは、ペットにとっても人間にとっても、とても大切なことです。体のしくみ、飼い方、しつけ方、ペットフード、法律・・・・知らなければいけないことはたくさんありますが、正しい知識ってどこでどう学べるのでしょう?ペットオーナー検定なら、ペットと暮らすうえで必要な基礎的知識+αを、クイズ感覚で楽しく学ぶことができます。検定は、犬コースと猫コースのどちらかを選択して受けていただくことになります。 ペットオーナー検定の詳細や申込みはちらから
ペットフレンドリーオーナー推進プロジェクトとは
不安と攻撃心が高まっている 猫も顔の表情やしぐさなどのボディランゲージで、感情を表現しています。猫の瞳の瞳孔は、光の量だけでなく、気分や感情によっても変化します。瞳の瞳孔だけで感情を読むことは難しいのですが、ひげや耳の向き、姿勢や尾の動きなどとあわせて観察することで、猫の感情をより正確に読み取ることができます。
閉じる
喜んでいるとき以外は尾を振らない 犬の尾はとても「おしゃべり」で、尾の位置や振り方、緊張度で、そのときの感情を表しています。犬はうれしいときには尾全体を緩やかに振りますが、恐怖を感じているときやとまどっているとき、興奮しているときにも尾を振ります。ちなみに猫は尾をピンと立てて近寄ってくると、機嫌がいい証拠。犬のようにうれしいときに尾を振らないのです。
閉じる